顔汗を止めるために、そもそも顔汗をかかない人と何が違うのか検証してみます。

顔汗を止めるための対策には、また顔汗をそもそもかいてない人は何をしてるのか?を知ることも有効です。顔汗かかない人はいったいなにが違うのか?
MENU

顔汗かかない人は何が違うのか?

顔汗かかない人は何が違うのか?

 

顔汗かかない人というのは世の中に存在します。私達がこれだけ毎日、混んだ場所や電車の中、会社での会議などの場面で顔汗に悩まされているときでも、顔汗をかかないという人たちがいるんです。

 

彼らはいったいなにが違うのか?どうして顔汗をかかないでいられるのか?身近な例からどうしてなのかを解明していきます。
少し気温が高めだったり、体を動かすとすぐに顔汗をかいてしまう…というお恐れのサイドは意外と多くいるものです。表情に汗が浮いていると、周りも気になりますし、母親の場合はおメイク崩れなども起きやすくなってしまいます。汗のかきやすさは体質によって決まっている現状もあり、進展をするのはなかなか難しいとされています。ただし、テレビの中の役者やアナウンサー、そうしてアクトレス氏は、あんまり顔汗をかいていません。テレビ録画スタジオなどは、従来硬い光源にさらされてあり、かなりエアコンも良い状況のはずです。テレビの中の芸人は、どんな方法で顔汗かかないようにやるのでしょうか。

 

じつは、モデルやアクトレス氏にも汗をかきやすい体質のヒューマンはいる、といわれています。テレビ録画の合間に、うちわで扇ぐなどして対策をして要る、という話です。よくドラマやフィルムの中で、アクトレス役のヒューマンが付き人などにうちわで扇がせてある景観などがありますが、それは汗を乾かす結果で、現実にも行われているそうです。

 

その他の方法として、アナウンサーなどはポイント押しによって、顔汗を防いでいるといわれています。鎖骨の下にあるポイントを圧迫することで、半身の回り発汗という体の反射を利用した方法です。半身の回り発汗は、体の端が圧迫されると、その部分に汗をかきがたいグレードとなり、別の部位の発汗かさがかかる、というものです。鎖骨の下を圧迫することで、首から上の汗を和らげ、その分の汗を身体で排出しておる、ということなのです。

 

半身の回り発汗の威力は古くから知られてあり、例えばいつも白粉でおメイクやる舞妓氏もこの威力を利用していたとされています。衣裳の帯で胸部を押さえることで、体躯の汗を抑制していたそうです。

このページの先頭へ