大人ニキビの治し方

大人ニキビを改善する方法

 

思春期によく見られる皮膚疾患の一つとして、ニキビが挙げられます。

 

 

吹き出物ともよばれるニキビですが、
思春期に出やすい傾向があるというだけで、
大人になってから発症する方も少なくありません。

 

ココ最近はむしろ大人ニキビが非常に増えています。
ニキビ用のスキンケア商品が非常に増えているのもその理由です。

 

 

ニキビの主な症状としては、
毛包部分が炎症を起こし膿などが出る状態を指します。

 

 

毛穴が閉じることで皮脂がたまり、
そこにアクネ菌が大量に繁殖してニキビができます。
ひどくなると赤ニキビになり、さらにクレーターのようになります。

 

 

特に顔に症状が出る場合が多いため、
精神的に負担を感じる方が多い病気だといえます。

 

 

また、思春期にニキビが出ていても、
大人になれば自然に治るだろうと安易に考えないように注意しましょう。

 

 

ニキビは放置しているだけで簡単に治るものではありません。

 

 

軽い症状の場合はきれいに治る場合が多いですが、
症状が重くなるとクレーターとよばれるニキビ跡が残る場合があります。

 

 

このクレーターというのは、後から治療するのが非常に困難です。
ですからニキビで悩んでいる方は、症状が悪化する前に出来るだけ早く治療にあたることが大切です。

 

 

大人になってからニキビが発症する場合は、
不摂生な生活スタイルや、日常のストレスが原因となる場合が多いようです。

 

 

特に睡眠不足は成長ホルモンの分泌が減り、免疫力も低下します。
その結果、ニキビができやすくなってしまいまs.

 

 

規則正しい生活習慣や、出来るだけストレスを溜め込まないような生活を心がけることで、ニキビの改善にも繋がるといえます。

 

 

単なる吹き出物だと考えて放置していると、
取り返しのつかない状態にもなりかねません。

 

 

顔というのは、人間の体の中でも他人に一番よく見られる場所ですし、
大切な場所です。

 

 

その顔にニキビ跡を残さないためにも、
ニキビの治療は早期治療していくよう、
最善を尽して治療することが大切です。

 

 

 

大人ニキビを改善する方法として、まずピーリングが人気です。
ピーリングは古い角質を溶かす働きをするフルーツ酸を使用します。
角質を取り除くことで毛穴づまりを防止して大人ニキビを改善します。

 

ただ冬場はピーリングをすると肌ダメージを受けやすくなります。
保湿力のあるセラミド化粧水(http://www.kiba-dock.org/)やクリームを使用することで乾燥しないように注意しましょう。

 

 

そしてニキビ跡にはビタミンC誘導体がおすすめです。
ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みを薄くする働きがあります。
さらにビタミンC誘導体は皮脂の分泌を減らす働きもあり、大人ニキビ改善をサポートします。

 

 

 

洗顔でニキビケア

ニキビ予防で大切なことといえば、毎日の正しい洗顔です。
ニキビというものは、過剰に分泌された皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうことで起こる病気です。

 

 

そういった理由から、肌を常に清潔に保つことは、ニキビ予防にとっては非常に大切だといえるでしょう。

 

ただし、洗顔方法といっても間違った方法を続けていては、
ニキビ予防にはあまり効果はありません。

 

 

正しい洗顔方法を身につけることが大切ですので、
しっかりと覚えておきましょう。

 

 

まず、ゴシゴシと力を入れすぎて洗顔するのは良くありません。

 

 

特にニキビが出ている場合は、
ゴシゴシと擦ることで状態が悪化してしまう可能性が高いからです。

 

 

ニキビ肌の方は朝晩、肌を傷つけないように優しく洗顔しましょう。

 

 

夏場は弱アルカリ性の石鹸で汗を洗い流すように、
冬場は皮脂を落としすぎて肌が乾燥しないように気を付けることが大切です。

 

 

ニキビ肌の方の正しい洗顔法は、最初からいきなり石鹸を使うのではなく、まずぬるま湯での素洗いから始めましょう。

 

 

 

素洗いで皮脂を洗い流してから、
石鹸を十分泡立てて洗顔していくようにします。

 

 

石鹸の泡で、優しくマッサージするように洗顔することがポイントですから、泡立ちが悪い場合は泡立てネットなどを使うのもお勧めです。

 

 

 

顔全体はもちろん、顎や首筋などもニキビが出やすい場所ですので、
洗い残しの無いようしっかりと洗うことが大切です。

 

 

石鹸の洗い残しはニキビの原因の一つにもなりますので、
石鹸が残らないようにしっかりとすすいでおきましょう。

 

 

 

更新履歴